ヤフーショッピング出店・運営のお役立ちブログ

ヤフーショッピングで売れるコツSEO対策(プロダクトカテゴリー編)

 
ヤフーショッピングSEO対策 プロダクトカテゴリー編
この記事を書いている人 - WRITER -
ヤフーショッピング売り上げアップアドバイザーナオ
3児のパパ 元理学療法士 現在国内物販にてヤフーショッピングを中心に物販プレイヤーとして活動。 プレイヤーの傍らヤフーショッピングの出店・運営・売り上げアップに関連した情報を発信中 ヤフーショッピングは資産構築の位置づけがあるのでコツコツとりくんでいきましょう
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。スメティックバイヤー専門家/ヤフーショッピング売上アップアドバイザーのナオです。

 

あなたは今ヤフーショッピングでSEO対策をしようと思うものの、具体的に何をしたらいいのか悩んでいませんか?

 

今回こちらの記事ではヤフーショッピングで売れるコツのSEO対策として、プロダクトカテゴリー登録についてお伝えします。

 

 

この対策はさくっとできるので、しっかりとやっておきましょう。

 

この記事を読むことであなたは次のことがわかります。

 

  • プロダクトカテゴリー登録の意義
  • プロダクトカテゴリー未登録商品の確認方法
  • プロダクトカテゴリーの選定方法

 

 

またそのほかのヤフーショッピングSEO対策についてはこちらで紹介しています。

 

よければ合わせてご覧くださいね。

 

ヤフーショッピングSEO対策(プロダクトカテゴリー編)の意義

カテゴリー登録

 

ヤフーショッピングのSEO対策としてプロダクトカテゴリー対策は必須です。

 

なぜならヤフーショッピングで商品を購入するお客さんの約2割はプロダクトカテゴリー検索経由で商品ページへたどり着くからです。

ここで適切な対応をしておかなければその検索流入の2割をお客さんを見逃すことになりますので注意しましょう。

 

 

ヤフーショッピングSEO対策(プロダクトカテゴリー)でやらなければならない3つのポイント

3つのポイント

 

プロダクトカテゴリー対策でやらなければならないことは次の3つです。

 

  • 商品がきちんとプロダクトカテゴリーに登録されているか?
  • プロダクトカテゴリー名が商品タイトルに含まれているか?
  • プロダクトカテゴリー登録前に競合調査はしたか?

 

では見ていきましょう。

 

ヤフーショッピングSEO対策ポイントその1)プロダクトカテゴリーの登録はされているか?

まず商品1つ1つがきちんとプロダクトカテゴリーに登録されているのか確認しましょう

 

なぜなら登録されていないと2割の顧客を失うことになるからです。

 

プロダクトカテゴリーが登録されていないと、顧客がプロダクトカテゴリー経由で商品検索をした際に、あなたの商品ページが検索候補に挙がらないからです

 

2割の検索流入が見込まれるのに、検索候補に挙がらないとか絶望ですよね!!

登録されないことによって、顧客に自分の商品ページが見られませんので、きちんと登録されているのか確認しましょう!!

 

プロダクトカテゴリーが登録されていない商品の検出方法

 

どの商品がプロダクトカテゴリーの登録がされていないのかわからないという方はこの方法を試してみてください。

 

ストアクリエイターproのトップ画面から商品・画像・在庫→商品管理→ダウンロード。

プロダクトカテゴリー登録

 

 

ダウンロード項目でプロダクトカテゴリー未設定商品を選択しダウンロードしましょう。

 

プロダクトカテゴリー登録

 

これによって未設定商品が把握できますので、まずは登録されていない商品は最低限登録しましょう。

またあらたにアイテム取得時や定期的に確認するようにしてくださいね。

 

ヤフーショッピングSEO対策ポイントその2)プロダクトカテゴリーが商品タイトルに含まれているか?

 

登録するプロダクトカテゴリー名は商品タイトルの中に含めるように意識しましょう

 

なぜならプロダクトカテゴリー名が商品タイトルに含まれることによってSEO上での加点対象になります

 

この理由については商品タイトルのSEO対策について触れていますので、こちらを参照ください。

 

ですので登録するプロダクトカテゴリーが商品タイトルに含まれていることを合わせて確認しましょう。

 

ヤフーショッピングSEO対策ポイントその3)プロダクトカテゴリー登録前に競合調査はしたか?

 

プロダクトカテゴリーを登録する際は競合調査も必要です。

 

なぜならプロダクトカテゴリー選定で競合調査をすることで差別化することが可能です

 

登録カテゴリーにおいて売り上げランキング上位商品は次のようなタグが設けられます

 

 

真ん中の商品画像の「今売れています」というタブがついているのがおわかりいただけますか?

 

これは登録したプロダクトカテゴリーランキングで10位以内の場合表記されます

 

つまり競合が少ないカテゴリーに登録をすることで、このタブをつけれる可能性を上げることができるのです

ただ勘違いしてほしくないのが、商品の性質と見当違いなカテゴリーは避けるようにしましょう!

 

なぜならそもそも商品と関係ないカテゴリー登録をすることで、ターゲットになる顧客の検索流入が見込めなくなってしまうからです。

 

きちんとターゲットになるプロダクトカテゴリーを選定した上で、ライバル状況を確認しましょう

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事ではヤフーショッピングでの売れるコツとしてSEO対策の中でもプロダクトカテゴリー編について次の3つのポイントをお伝えしました。

 

 

  • プロダクトカテゴリーが登録されているか?
  • 商品名とプロダクトカテゴリー名が合致しているか?
  • 競合調査をした上でプロダクトカテゴリーの選定をしたのか?

 

たった3つのことを遂行するだけで20%弱の顧客の検索流入対策になりますので、ぜひ対策してくださいね!!

 

あと最近色々な質問や悩みを非常に多く寄せられます。

そのためヤフーショッピング出店攻略マニュアルという出店前~出店後まで幅広く対応できるマニュアルを作成しました。

 

僕自身の1年4か月の実践結果をそのまま情報提供しますので、よければご活用くださいね。

もし気になる方はこちらからどうぞ

もちろん無料です

 

コミュニティーに参加したい場合はこちらから

ヤフーショッピング出店攻略コミュニティー参加希望とお伝えください。

招待リンクを送ります(Slackというアプリを使います)

友だち追加

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ヤフーショッピング売り上げアップアドバイザーナオ
3児のパパ 元理学療法士 現在国内物販にてヤフーショッピングを中心に物販プレイヤーとして活動。 プレイヤーの傍らヤフーショッピングの出店・運営・売り上げアップに関連した情報を発信中 ヤフーショッピングは資産構築の位置づけがあるのでコツコツとりくんでいきましょう
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤフログ , 2019 All Rights Reserved.