ヤフーショッピング出店・運営のお役立ちブログ

せどりでAmazon依存が危険な3つの理由とは?解決方法についても解説

 
せどりでAmazon依存が危険な3つの理由とは?
この記事を書いている人 - WRITER -
ヤフーショッピング専門家ナオ
3児のパパ 元理学療法士 現在国内物販にてヤフーショッピングを中心に物販プレイヤーとして活動。 プレイヤーの傍らヤフーショッピングの出店・運営・売り上げアップに関連した情報を発信中 ヤフーショッピングは資産構築の位置づけがあるのでコツコツとりくんでいきましょう
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは(^^♪

ヤフーショッピング専門家のナオです@nao_refreith

 

 

僕は2016年からせどりを開始して、2017年には専業化しました。

 

2017年に専業した当初はもっと稼いでやる!と意気込んでいましたが、その当時ですらAmazon依存の危険性を感じ対策してきました。

 

おかげで現在はAmazon依存を脱却し、精神的な安心感が得られながら、せどりやブログ、コンサルなどの情報発信に挑戦することができています。

 

 

まずはせどりはAmazonに出品し稼ごう!と考えて副業で始めている方もいると思います。

また徐々にせどりで稼げるようになって、もっと売り上げを伸ばしたいと思う反面、Amazon依存に不安を感じる方もいると思います。

 

そこで今回はせどりでAmazon依存の危険な理由を3つとさらには解決方法まで解説します。

今特に何ごともなくても、少しでも成果が出ているうちにリスクを把握し、太い幹を育てることと小さな枝を育てること、どちらも大切ですよ。

 

せどりでAmazon依存が危険な3つの理由とは?

せどりでAmazon依存が危険な3つの理由とは?

結論からお伝えすると次の3つです

真贋調査→アカウント閉鎖

引当金

メーカー規制

すでにある程度把握している方もいると思いますが、改めて深堀します。

 

せどりでAmazon依存が危険な理由その1)真贋調査→アカウント閉鎖

 

真贋調査からのアカウント閉鎖の問題は非常に深刻です。

なぜならアカウント閉鎖に伴い、売上金が半年保留され、最悪保留された売上金が戻ってこない可能性があるからです。

 

最近新規で作成したアカウントを中心に真贋調査が増えています。

また今まで全く音沙汰なかったブランドやメーカーからの真贋調査も増えており、その結果アカウント閉鎖の事例が増えています。

 

なので新規アカウントに限らずこうした真贋調査からのアカウント停止リスクをはしっかりと把握する必要があります。

 

最近では真贋調査のリスクを事前に把握できるセラースケットというサービスができていますね。

僕自身はAmazonの売上は現在かなり抑えているので導入していませんが、こうしたサービスで事前に危険を回避する人が増えているのも事実です。

 

せどりでAmazon依存が危険な理由その2)引当金

 

引当金の問題もかなり深刻です。

なぜならキャッシュフローが悪化するからです。

 

先日Twitterでこんなツイートを見かけました。

 

売上53万円に対して、支払いに充てられたのは7万円以下・・・。

引当金が売上の2/3を占めています

こうした状況は新しく作成したアカウントほどこのような状況になっています。

 

引当金によって売上が拘束されることによってキャッシュフローが悪化します。

クレジットカードで支払った代金を売上金で賄うことができず、徐々に資金が枯渇していき、中々お金が増えないなんてこともあるでしょう。

 

せどりでAmazon依存が危険な理由その3)メーカー規制

 

せっかく利益が出た商品だと思って仕入れても出品制限がある。そんなことはありませんか?

なぜなら色々なブランドやメーカーの商品に出品規制があるからです。

 

卸や小売店からの請求書、もしくはアカウントの販売実績によって申請ボタンをポチっとするだけで申請解除できることもあります。

ですが多くは請求書が必要になります。

 

こうした商材を見つけても販売できない・・となると機会損失になります。

 

せどりでAmazon依存を脱却する解決方法は?

せどりでAmazon依存を脱却する解決方法は?

せどりでAmazon依存を脱却する解決方法は販路を拡大することです。

なぜなら真贋調査や引当金、出品規制に関してもAmazon以外で販売することで解決できることも多いからです。

 

せどりは一見Amazonで販売しなくてはいけない・・みたいな先入観がありがちです。

なぜなら以前はAmazonの販売価格が他のプラットホームと比べて高く販売されていることが多く優位性があったからです。

 

ですが最近では出店者の急増やポイントせどりの導入で商品は赤字で売り、ポイントだけを得る方法が周知されています。

 

なのでAmazonで販売することが必ずしも最適ではないことも増えてきました

 

せどりでAmazon依存を脱却するために活用するべき販路その1)メルカリ

 

活用すべき販路として代表的なものはメルカリがあります。

多分多くの方が利用したこともあると思いますが、しっかりと活用していますか?

メルカリはAmazonで出品規制を受けている商品でも普通に売られていることも多く、さらにしっかりと利益が出ることもあります。

 

真贋調査なし

キャッシュフロー問題なし

規制なし

まさに今お伝えしたAmazonのリスクをすべてクリアにできます。

Amazonだけに目を向けず、ぜひメルカリ相場も確認してみましょう。

 

メルカリ販売の懸念点について

メルカリ販売もいいのですが、いくつか懸念点があります。

価格競争になりやすい

発送が自社出荷になりやすい

交渉や相談がめんどくさい

などがあります。

 

特に利益を取るために仕入れたのに、値下がり競争が過熱しすぎて、結局利益がとれない・・なんてこともあります。

活用する際はメルカリ内での適正価格だったり、高回転商品を選ぶ必要がありますね。

 

せどりでAmazon依存を脱却するために活用するべき販路その2)ヤフオク

 

ヤフオクも比較的おすすめです。

なぜなら市場規模がとんでもなく大きいことに加えて、各種キャンペーン(割引クーポン)なども活用できるからです。

 

ヤフオクもメルカリ同様にAmazon販売における3つのリスクを回避することができます。

 

ただメルカリと比べると若干値段は高値販売できますが、その分出品の手間や回転力が劣るので、労力に見合ったリターンがどれだけあるかですね。

個人的には簡単で早く売れるメルカリを多く使っています。

キャッシュフローをより優先したい場合はメルカリがおすすめだと思います。

 

せどりでAmazon依存を脱却するために活用するべき販路その3)ヤフーショッピング

 

ヤフーショッピングは個人的には一番のおすすめです。

なぜなら適度な参入障壁と差別化できる要因が豊富だからです。

 

 

メルカリやヤフオクの場合、誰でも出品できるという敷居の低さがよかったりします。

ただこの手軽感が長所にもなりますが、価格競争や差別化できる要因が少ないというデメリットにもなります

 

もし継続的ビジネスとしてリスクヘッジしながら収益を拡大したいと感じるのであればヤフーショッピングはおすすめです。

僕自身元々2017年11月に専業になったばかりのころ、Amazon依存に危険性を感じ真っ先に出店した販路です。

 

楽天も考えたのですが、月額固定費が数十万かかることと、そのコストを半年分前払いになるため小さく始める場合にはヤフーショッピングの方がいいと思って選択しました。

 

ヤフーショッピングの良さを簡単に整理すると次のようなイメージです。

 

メルカリやヤフオクの上位互換

競合と差別化できる要因が豊富

販売実績に伴い商品が売れやすくなり資産化しやすい

手数料はメルカリやヤフオクよりも低く、月に最大6回の入金も可能

 

ヤフーショッピングにももちろんデメリットがある

 

ここまで聞くとヤフーショッピングもよさそうですが、もちろんヤフーショッピングにもデメリットがあります。

 

出店審査が必要

商品販売が難しい(集客力がAmazonより劣ったり、マーケティングスキルが求められる)

受注や出荷処理がAmazonと比較して自動化しにくい

 

などなど実際にヤフーショッピングに出店してみて感じることが多々あります。

 

ただ僕は結果的に2017年11月にヤフーショッピングに出店したことで、Amazon依存を脱却できました。

現在でももちろんAmazonを活用していますが、それはあくまで選択肢の一つとして活用しています。

出品者が少なくなった時だけ販売して利益率を上げています。

 

ヤフーショッピングってAmazonの集客力の1/7しかないし全然売れないだろ!と思われがちですが、僕自身出店してから半年で500万円近い売り上げを出せました。

もちろんそこに至るまでにはたくさんの苦労がありましたが、それは別にヤフーショッピングに限らず、Amazonせどりを始めた時も一緒です。

 

 

もし今のAmazonに依存したせどりに何らかの不安がある。

もしくはリスクヘッジしながら売り上げを拡大したい!という方は選択肢の一つとして検討してみてはいかがですか?

 

ヤフーショッピングは出店審査もありますが、こちらで解説しています。

最近は出店審査のハードルが上がってきて、出店するなら早めの決断がいいと思います。

 

ヤフーショッピングはAmazonや楽天のように固定費0なのでアカウントを持っておくだけでも損はありませんよ。

 

まとめ

 

今回はせどりでAmazon依存が危険な3つの理由とその解決方法について解説しました。

せどりでAmazon依存が危険な3つの理由は次の通りです。

 

真贋調査→アカウント閉鎖

引当金

メーカー規制

そしてその解決方法は販路拡大です。

 

販売先をAmazonに限定せずに、メルカリやヤフオク、ヤフーショッピングに移すだけでも利益が取れることがあります。

またAmazon依存を脱却し、継続的に収益を拡大していきたいならヤフーショッピングがおすすめです。

 

ぜひ今のせどり状況について改めて考えるきっかけになれば幸いです。

 

ヤフーショッピング出店・運営で何か困りごとや悩みがあればこちらからご相談ください。

友だち追加

今なら登録特典でヤフーショッピングのマニュアルをプレゼントしています。

 

 

 

ヤフーショッピングでAmazon依存脱却、売上の資産形成をしませんか?

ヤフーショッピングで稼ぐための3つのポイントを

1時間半にわたる動画にて解説!!

さらに今なら期間限定で、出店審査突破コンテンツも合わせてプレゼント!

※注意点※
無料プレゼントに申請いただきますと、ナオ【公式】メルマガに同時登録されます。登録時の自動返信にて動画コンテンツのURLとパスワードの案内があります。

この記事を書いている人 - WRITER -
ヤフーショッピング専門家ナオ
3児のパパ 元理学療法士 現在国内物販にてヤフーショッピングを中心に物販プレイヤーとして活動。 プレイヤーの傍らヤフーショッピングの出店・運営・売り上げアップに関連した情報を発信中 ヤフーショッピングは資産構築の位置づけがあるのでコツコツとりくんでいきましょう
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤフログ , 2020 All Rights Reserved.