ヤフーショッピング出店・運営のお役立ちブログ

せどりはオワコンなのか?ミクロの視点じゃなくてマクロの視点で解説

 
せどりはオワコンなのか?ミクロの視点じゃなくてマクロの視点で解説
この記事を書いている人 - WRITER -
ヤフーショッピング売り上げアップアドバイザーナオ
3児のパパ 元理学療法士 現在国内物販にてヤフーショッピングを中心に物販プレイヤーとして活動。 プレイヤーの傍らヤフーショッピングの出店・運営・売り上げアップに関連した情報を発信中 ヤフーショッピングは資産構築の位置づけがあるのでコツコツとりくんでいきましょう
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは(^^♪

 

ヤフーショッピングの売上アップアドバイザーのナオです。(@nao_refreith

 

 

僕は2016年12月より副業でせどりを開始して、1年半の副業期間を経て、その後独立しました。

現在は一人で1000万ほどの売り上げを達成しています。

 

 

あなたはこんな悩みがありませんか?

せどりってオワコンなの?

出品規制や競合増加で稼げないらしいけど・・・

これから始めたいけどオワコンなのか知りたい

こんな疑問にお答えします。

 

僕はせどりをやりつつも、常に何か稼げるビジネスはないか?と日々情報収集をしています。

今回はそんな情報収集しつつ、せどりをしている僕がせどりがオワコンなのか?について解説します。

 

せどりはオワコンなのか?

せどりはオワコンなのか?

せどりはオワコンなのか?

結論からお伝えすると、せどりはオワコンじゃないです

 

なぜなら市場の発展があるから

 

オワコンなのかどうかを判断する1つの指標に市場規模やその発展があるのか?というのは非常に重要です。

需要と供給がともに活発化し、市場として成長していくものであればオワコン化はしないからです。

 

それではせどりを取り巻く需要と供給がそれぞれどのように発展しているのか見てみましょう。

 

せどりがオワコンじゃない理由その1)ECサイト需要の増加

せどりがオワコンじゃない理由その1)ECサイト需要の増加

せどりの販路は主にECサイトです。

ECサイトとは自社商品や他社商品を販売するためのサイトで多くは物を扱います。

 

Amazonやヤフーショッピング、楽天などが国内では代表的です。

 

このECサイトの需要は年々増加しています。

 

なぜならITが発展し利便性とサービスが飛躍したからです。

 

利便性が向上したとは?

 

利便性の向上は決済の簡略化と配送サービスの向上です。

 

ECサイトで商品を注文するときにクレジットカードを代表として最近は〇〇payや代引き、コンビニ払いなど多くの決済方法が選べるようになりました。

 

つまり一度会員サイトに登録しておけば、その後は現金を遣わずにデータ入力だけで商品が購入できるようになりました。

 

このような利便性の向上によって、利用者は年々増加しています。

 

例えば今でこそAmazonなんて当たり前のように利用していますが、5年前って使ってましたか?

この数年でこれだけ利便性が向上し利用されるようになっているのです。

 

サービスが飛躍したとは?

 

サービスの飛躍とはポイント還元やお得な割引クーポンの発行・配送サービスなどが代表です。

ECサイトで商品を購入するとTポイントや楽天ポイント、Amazonポイントなど多くのポイントが還元されるようになりました。

 

なぜなら個々のECサイトの利用者をどんどん増やしたいからです。

個々のECサイトで利用できるポイントを還元することによって、顧客を自社の経済圏で囲むことができます。

 

楽天ポイント→楽天圏

Tポイント→ヤフーショッピング圏

Amazonポイント→Amazon圏など

 

最近では〇〇payの普及が盛んで個々の経済圏に取り囲むだけでなく、どれだけ使い勝手がいいかを求められています。

楽天pay、paypay、Amazonpayなどこれらは個々のECサイトだけではなく、実店舗でも利用されていますよね。

 

 

 

配送サービスに関してもAmazonプライム、ヤフーショッピングのあすつく、楽天のあすらくなら注文した翌日に商品が届きますよね。

こういった配送サービスの充実も利用者増加を後押ししています。

 

せどりがオワコンじゃない理由その2)供給量の増加

せどりがオワコンじゃない理由その2)供給量の増加

現在ECサイト供給者(販売者)が増加しています。

なぜなら個人でも商品の販売がしやすくなったからです。

 

個人でも販売しやすくなった理由に以下が挙げられます。

 

サイトの充実

ツールの充実

サービスの充実

物の充実

 

サイトの充実とは?

 

現在個人で販売できるサイトが充実しています。

Amazonをはじめメルカリなどは個人でも販売しやすいサイトとして有名です。

 

あらかじめ商品ページが作成されていたり、出品するための簡易フォーマットが準備されていたりと非常に簡単です。

 

 

また出店審査なども不要で個人が手軽に商品販売ができるサイトが多数あります。

その代表例がAmazonやメルカリ、ヤフオクなどです。

 

 

また商品を販売する上では、何を仕入れたらいいのか?いくらで販売したらいいのか?など悩むことが多いでしょう。

 

ですが現在はモノレートやオークファンなどすでに販売実績のある情報を容易に取得することができるようになり、売れる商品を事前に把握した状態で仕入れができるようになりました

 

ツールの充実とは?

 

ツールが充実したことも個人が商品を販売しやすくなったと言えます。

なぜなら作業が簡略化効率化され、少ない時間で多くの商品を販売できるようになったからです。

 

Amazonならプライスターやマカドといったツールが有名で、出品、価格調整などが非常に容易で自動化されています

 

出品作業や納品作業、利益計算など多くの商品販売必要なツールが作成されるような時代になっています。

 

サービスの充実

 

個人が利用できるサービスが充実しています。

なぜならより多くの利用者に活用してほしいというサイト運営者の想いがあるからです。

 

 

例えばAmazonのFBAサービスを利用できれば、商品を大量に倉庫に納品すれば、あとは注文後勝手にAmazonが梱包出荷してくれます

メルカリ便のように、個人でも補償付き、追跡番号付き、安いというお得な配送サービスを活用できます

 

こういったサービスの充実がせどりの後押しをしてくれます。

 

物の充実とは?

 

せどりで扱う物は充実しています。

 

なぜなら従来は”本”という限られた商材だけがスポットライトを浴びていましたが、今ではあらゆる物が対象になるからです。

 

ゲーム

家電

日用品

食品

アパレル

もうなんでもありです。

 

そしてどんな物でも生活必需品、娯楽品、消耗品など必要とされる物なので販売する商材がないということはありません。

 

せどりがオワコン化する理由は?

せどりがオワコン化する理由は?

せどりがオワコンする理由はITの衰退ひいては小売り業の衰退です。

 

ですがここ数十年最も経済成長している分野がIT分野です。

 

GAFAと呼ばれる世界トップ4社全てIT産業です。

 

G:google

A:apple

F:facebook

A:amazon

 

そして人間が生活する上で物が必要という前提条件が覆らなければ小売業の衰退もありません。

 

小売り業はITの発展に伴い店舗→ネット販売→インフルエンサーマーケティングと時代とともに発展しています。

 

今ではインフルエンサーと呼ばれる世間に影響力を与える個人が自身で商品開発をして物を販売するような時代です。

 

ただの物にいかに付加価値をつけるかで需要の過熱を促しているわけです。

 

せどりがオワコンという意見は非常に滑稽なミクロな視点

 

せどりはオワコン化したという意見はよく聞かれます。

なぜならAmazonの出品規制が厳しいとか出品者が急増して値下がりしてしまう・・・。

 

こんな意見が散見されるからです。

 

これは事実ですが本質ではありません。

 

なぜならこれはせどり=Amazonという認識に縛られたミクロな視点だからです。

また自分が扱った商品が値下がりしたという被害妄想的な発想から発言された非常に滑稽な意見です。

 

 

市場なんてものは変化があって当然です。

いつまでも同じ商品を同じ価格で悠々と販売できていることの方が異常です。

 

メーカーにとってAmazonで商品が販売されることが不利になるならAmazonも規制をせざるを得ませんし、それが顧客にとって不利益になってもしかりです。

出品者が増えれば値下がりもするし、売れなくなることもあります。

 

それはネット販売に限らずどんな小売り業や他のどんな業種でも同じです。

競合が増えれば成長できない会社は衰退するだけです。別にせどりに限った話ではないですよ。

 

せどりがオワコンと非難するなら販路や商材を拡大すれば解決

 

せどりを取り巻くECサイトの環境は日々充実しています。

なぜならITが日々発展しているからです。

 

Amazon、ヤフーショッピング、楽天という大手だけにとらわれず、販路を拡大すればいい話です。

商材も何か1つの商材にこだわらずに、これだけ物があふれているので、新しいジャンルにどんどん挑戦すればいいわけです。

 

とはいえまずは集客力の高いAmazonやヤフーショッピング、楽天が代表例ですが、それぞれに販路の特徴があるので事前に情報収集は必要です。

 

せどりはオワコンじゃないけど情報収集と行動が重要

せどりはオワコンじゃないけど情報収集と行動が重要

上記に説明したようにせどりはオワコンになりようがありません。

とはいえ日々情報集と行動は欠かせません

 

なぜなら商品の規制や出品者の増加は自身の販売に影響を受ける要因だからです。

 

こういった影響を避けつつ、収益を伸ばすためには日々様々な情報収集や自身の仕入れ、販売スキルを向上させるための行動が求められます。

 

商品の規制とは?

 

例えば現在Amazonでapple製品や任天堂製品など規制が強化されています。

 

なぜならメーカーにとって不利益でしかないからです。

 

このような動きというのは今後活発化していくでしょうし、誤って販売してしまってはアカウントの停止リスクもあります。

 

出品者の増加とは?

 

同じ商品を扱う出品者が増加することもあるでしょう。

 

なぜならせどりは人の商品を真似することが非常に容易で再現性が高い手法だからです。

 

出品者が増加すれば、販売頻度や値下がりによる利益の目減りもあるでしょう。

 

情報収集とは?

 

情報収集と聞くと有料のセミナーや教材を購入しなければ・・と思うかもしれませんが不要です。

 

今はネット上に有益な情報が多く転がっているので、まずは無料で手に入る情報を取得しつつ行動してみてください。

 

そしてうまくいかなかった結果を踏まえてさらに情報集→行動を繰り返しましょう。

 

多分こうして行動してもきっと思うように仕入れができなかったり、利益をだすことは難しいでしょう。

 

こうした時にあらためて自身のせどりに対しての想いを再度自身に問いてみてください。

 

どんなビジネスでも行動を継続しなければ稼げません

 

どんなビジネスでも行動を継続しなければ稼げません。

なぜなら行動しなければ成長がないからです。

 

そして行動を継続できるかどうかは、自分のモチベーションや相性、気持ち、目的など多くの要因があります。

 

せどりは簡単に稼げると言われますけど、それは圧倒的な行動量によって積み上げられた経験に基づくもので、最初から誰でも簡単に稼げたらみんなやっています。

 

それでも成功する人もいれば、脱落する人がいるのも現実です。

 

どうしても成功者の情報しか出回らないですが、その成功者の何百、何千倍もの人間の失敗や挫折があることは知っておきましょう。

 

なので最初から高額の自己投資をする必要はなくまずは小さく行動してみて、自身の適性を判断することが大切です。

 

まとめ

 

今回せどりはオワコンなのか?という疑問について記述しました。

 

結論からお伝えすると、せどりを取り巻くITの発展を背景に、ECサイトの需要・供給がともに増加しているのでせどりがオワコンにはなりようがありません。

 

とはいいつつも、せどりで稼ぐためには日々情報収集や行動は欠かせません。

 

もしせどりで稼ぎたい!と思うのであれば、無料情報で小さく行動してみて、自身の適正を考慮しましょう。

間違っても何万・何十万の情報商材やコンサルに飛び込む必要性は全くありません。

 

 

なぜなら自身のモチベーションや相性がないのに、行動なんてできるわけもないですし、高額な資金を投じて自身の相性を評価するものでもないからです。

 

 

まずは無料情報→行動→失敗→無料情報→行動→失敗を繰り返す中で自分は本当にせどりがいいのか?を問いましょう。

 

そして小さく動く中でやっぱりせどりで稼ぎたいと思ったら大きく行動するかどうかを判断しましょう。

 

少なくともITが発展しているうちはせどりはオワコン化しませんが、自己成長できないとムリゲーですよ。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ヤフーショッピング売り上げアップアドバイザーナオ
3児のパパ 元理学療法士 現在国内物販にてヤフーショッピングを中心に物販プレイヤーとして活動。 プレイヤーの傍らヤフーショッピングの出店・運営・売り上げアップに関連した情報を発信中 ヤフーショッピングは資産構築の位置づけがあるのでコツコツとりくんでいきましょう
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤフログ , 2019 All Rights Reserved.