ヤフーショッピング出店・運営のお役立ちブログ

ヤフーショッピングに出店し売上をアップするために必要な対策とは?

 
ヤフーショッピング売上アップ
この記事を書いている人 - WRITER -
ヤフーショッピング売り上げアップアドバイザーナオ
3児のパパ 元理学療法士 現在国内物販にてヤフーショッピングを中心に物販プレイヤーとして活動。 プレイヤーの傍らヤフーショッピングの出店・運営・売り上げアップに関連した情報を発信中 ヤフーショッピングは資産構築の位置づけがあるのでコツコツとりくんでいきましょう
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは(^^♪

 

ヤフーショッピングの売上アップアドバイザーのナオです。(@nao_refreith

 

  • あなたはヤフーショッピングに出店し売上アップに必要なことってなんだろう?
  • どうしたら売上アップさせることができるのかな?

 

と悩んでいませんか?

 

結論からお伝えするとリピート力(継続的に販売できる対策)をつけていくことです。

 

今回の記事ではヤフーショッピングの売上アップに必要なリピート力の紹介とその対策についてお伝えします。

ヤフーショッピングで継続的な収益をあげたい方は必見ですよ。

 

 

ヤフーショッピングに出店し売上をアップするためにはリピート力が必要です

ヤフーショッピング出店し売り上げアップに必要

 

ヤフーショッピングで売上アップを図るためにはリピート力(継続的に販売し続ける対策)が必要です。

 

なぜなら同じ商品を継続的に販売し続けることができれば利益を得やすいからです。

 

では実際にリピート力を持つためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ヤフーショッピングに出店し売上をアップするためのリピート力を持つためには?

リピート力

 

ここでいうリピート力というのは継続的に商品を販売し続け、利益を得続ける対策をすることです。

 

継続的に利益を出すためにはいろいろな角度から見ると自分ができることが見えてきます。

 

ここでは代表的なリピート力を持つための対策を紹介します。

 

リピート対策例その1)仕入れ元を差別化する

 

継続的に利益を得るためには、仕入れ元を差別化し競合に相乗りされない商品を扱うことが有名です。

なぜなら仕入れ元のハードルを上げることで競合者を減らし値下がりリスクを下げることができるからです。

 

その代表例としては中国輸入やメーカー仕入れなど仕入れのハードルを上げることです。

 

これらは国外の商品を扱うという心理的ハードルを高めることやメーカーに問い合わせたり、電話応対するというなんとなくめんどくさい、なんとなく抵抗があるという点で差別化できます。

メーカーによっては条件などがあるため差別化することが可能です。

 

リピート対策例その2)送料で差別化する

 

送料をできるだけ下げることもまたリピート力をつけるには必要です

 

なぜなら送料が下げられれば下げられるだけ仕入れ値が同じだとしても利益が変わり、仕入れ基準の違いが生じるからです。

 

配送業者に精通していたり、実績が伴っていると交渉しやすいですよね。

 

リピート対策例その3)組織化して差別化する

 

組織化することで、人員を拡大して数で利益を積み上げることもまた対策の1つと言えるでしょう。

 

例えば1個50円とか100円の利益商品が仮に1日に20個売れるとわかっていてもやれる人は少ないです。

なぜならその時間をほかのことに費やした方が利益が得やすいからです。

 

でも例えば人を雇って1日に20個売って2000円の利益が得られる商品を500円で担当してもらうことができれば1日1500円の不労所得が入るわけです。

 

こうやって人の力を使い、マンパワー的に他者がやりたがらないことをあえてやれる状況を作ることも差別化といえ、リピート力をつける対策を言えます。

 

リピート対策例その4)販売戦略を工夫する

 

販売戦略を工夫することもまた差別化と言えます。

なぜなら他社が思いつかないような考え、対策をすることによって利益を得ることもまた差別化の1つだからです。

 

ちなみに僕自身が継続的に売り上げで400万前後、粗利で60万前後の利益を毎月継続しているのはこの販売戦略を強化してきたからと言えます。

 

最低1つもしくは複数個の差別化ができればできるほどリピート力は強化される

強化される

 

僕自身は仕入れ元を差別化しておらず、多くは販売戦略で差別化しています。

 

たったそれだけでも少ない商品数で継続的な利益が出せるのでその考え方は間違いないなと思っています。

 

 

売上

 

3商品で売上100万。

10商品で売上200万円を出すこともできるのがリピート力の魅力です。

とはいえ下位3つは購買率が3%台なのでまだまだ伸びる可能性大ですね。

 

副業や組織化していない方は販売戦略強化がおすすめ

販売戦略

 

副業や組織化していない方は販売戦略を強化することをおすすめします。

 

なぜなら中国輸入などを代表例として仕入れ元を差別化するためには時間をかけ仕組みを作ることにどうしても時間が必要です。

またメーカー仕入れは物販を事業として行うなど法人化が必要なケースも多いです。

 

そのため副業や組織化していないケースではまずは販売戦略を強化することがおすすめです。

 

販売戦略を強化するために大切なこととは?

大切なこと

 

販売戦略を強化するために大切なことがあります。

 

 

 

それは人と同じことをしないということです。

 

人と同じことをすればお客さんから見ればどれも同じと見られ注目を浴びにくくなります

 

なので常に人と違うことに目を向けて取り組む努力ができれば自然といろいろな販売戦略を展開できるはずですよ。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回はヤフーショッピングの売上アップに必要なリピート力についてお伝えしました。

またリピート力をつけるために必要な具体的な対策について紹介しました。

 

自分自身の今の環境を考慮し少しでもリピート力をつける対策をすることが継続的な利益をもたらしてくれますよ。

 

ヤフーショッピングをはじめ何か相談したいことがあればこちらから相談ください。

マニュアル希望の方は希望のマニュアルを伝えてくださいね。

友だち追加

 

 

ヤフーショッピングでAmazon依存脱却、売上の資産形成をしませんか?

ヤフーショッピングで稼ぐための3つのポイントを

1時間半にわたる動画にて解説!!

さらに今なら期間限定で、出店審査突破コンテンツも合わせてプレゼント!

※注意点※
無料プレゼントに申請いただきますと、ナオ【公式】メルマガに同時登録されます。登録時の自動返信にて動画コンテンツのURLとパスワードの案内があります。

この記事を書いている人 - WRITER -
ヤフーショッピング売り上げアップアドバイザーナオ
3児のパパ 元理学療法士 現在国内物販にてヤフーショッピングを中心に物販プレイヤーとして活動。 プレイヤーの傍らヤフーショッピングの出店・運営・売り上げアップに関連した情報を発信中 ヤフーショッピングは資産構築の位置づけがあるのでコツコツとりくんでいきましょう
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤフログ , 2019 All Rights Reserved.