ヤフーショッピング出店・運営のお役立ちブログ

【朗報】ヤフーショッピングのキャッシュレス・消費者還元事業が激熱

 
【朗報】ヤフーショッピングのキャッシュレス・消費者還元事業が激熱
この記事を書いている人 - WRITER -
ヤフーショッピング売り上げアップアドバイザーナオ
3児のパパ 元理学療法士 現在国内物販にてヤフーショッピングを中心に物販プレイヤーとして活動。 プレイヤーの傍らヤフーショッピングの出店・運営・売り上げアップに関連した情報を発信中 ヤフーショッピングは資産構築の位置づけがあるのでコツコツとりくんでいきましょう
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは(^^♪

 

ヤフーショッピングの売上アップアドバイザーのナオです。(@nao_refreith

 

先日こんなツイートをしました。

 

 

キャッシュレス・消費者還元事業って何?

ヤフーショッピングに出店者にとって参加するメリットやデメリットは?

キャッシュレス・消費者還元事業に参加したほうがいいの?

 

こんな疑問や悩みにお答えします。

 

キャッシュレス・消費者還元事業って何?

キャッシュレス・消費者還元事業って何?

キャッシュレス・消費者還元事業とは、2019年10月からの消費税増税に伴う軽減措置の対策です。

今回のこの事業は経済産業省にて採択された、国全体で行われている安心・安全な対策です。

 

 

2019年10月1日より消費税が8%から10%に引き上げられます。

 

この増税によって消費の抑制を緩和するかつ、キャッシュレス決済普及を促進するために考えられたのがキャッシュレス・消費者還元事業になります。

 

キャッシュレス・消費者還元事業によって得れる恩恵とは?

 

キャッシュレス・消費者還元事業によって得られる恩恵は大きく2つあります。

 

キャッシュレス決済事業者側の決済手数料の1/3を国が負担する

キャッシュレス決済をした利用者にポイント還元がある

 

こうすることで消費税増税に伴う実質負担を軽減しつつ、キャッシュレス化を推進する取り組みになります。

 

 

ではこんな背景がある中で、ヤフーショッピング出店者にとってはどんな恩恵があるのでしょうか?

 

ヤフーショッピングも2019年6月末に、キャッシュレス・消費者還元事業に参加表明し、ヤフーショッピング出店者にとって大きな恩恵を提供してくれることを発表しました

 

ヤフーショッピング出店者がキャッシュレス・消費者還元事業に参加することのメリット

ヤフーショッピング出店者がキャッシュレス・消費者還元事業に参加することのメリット

ヤフーショッピング出店者がキャッシュレス・消費者還元事業に参加するメリットは大きく3つあります。

 

キャッシュレス決済に伴う手数料負担の軽減

参加店舗から購入した消費者にpaypay残高5%還元

参加店舗の露出拡大

 

それぞれ深堀していきます。

 

ヤフーショッピング出店者がキャッシュレス・消費者還元事業に参加することのメリットその1)手数料軽減

 

キャッシュレス・消費者還元事業に参加することによって、キャッシュレス決済時の手数料が軽減されます

なぜなら決済加盟店に支払う手数料の1/3を国が補助してくれるようになるからです。

 

具体的には以下のように手数料が軽減されます。

 

クレジットカード決済:3.24%→2.16%

ヤフーカード決済:3%→2%

PayPay残高払い:2.95%→2.16%

単純に手数料が1%程度軽減されますので、利益の上乗せが期待できますね。

 

現在決済手数料の上限は設定されていないようなので、売上が増えれば増えるほど恩恵は大きくなりそうですね。

 

ヤフーショッピング出店者がキャッシュレス・消費者還元事業に参加することのメリットその1)paypay残高5%還元

 

キャッシュレス・消費者還元事業参加店舗から商品を購入した場合購入者にポイントが還元されます。

対象ストアでクレジットカードまたはPayPay残高で支払った決済額の5%に相当する「PayPayボーナス」または「PayPayボーナスミニ」が還元されます。

 

現在還元の上限については設定するとのことですが、具体的な上限は公開されていません

 

予想としては5000Pくらいかなと思っています。

 

ヤフーショッピング出店者がキャッシュレス・消費者還元事業に参加することのメリットその3)露出拡大

 

キャッシュレス・消費者還元事業参加店舗は自社商品の露出を拡大することができます。

なぜなら具体的にヤフーがこんな取り組みをすると発表しているからです。

 

キャッシュレス還元対象商品特有のアイコン付与

キャッシュレス還元対象商品のみ検索表示

 

キャッシュレス・還元対象商品特有のアイコン付与

詳細は不明ですがキャッシュレス・還元対象商品特有のアイコンが付与されるようです。

顧客にとってはポイント還元がありますので、優先的に購入されやすくなりますね。

 

キャッシュレス還元対象商品のみ検索表示

キャッシュレス・還元対象商品のみを表示するような検索方法を追加されるようです。

顧客にとっては優先的に活用したい制度なので、そのような検索によって絞る可能性は高いです。

 

自社が参加していれば差別化できること間違いないですね。

 

ヤフーショッピング出店者がキャッシュレス・消費者還元事業に参加することのデメリット

ヤフーショッピング出店者がキャッシュレス・消費者還元事業に参加することのデメリット

ここまでメリットばかり話してきましたが、このキャッシュレス・消費者還元事業に参加することのデメリットはないのでしょうか?

 

3つのデメリットがあります。

 

入金回数を月に1回に設定

申し込みが必要

他出店者に差別化される

 

キャッシュレス・消費者還元事業に参加することのデメリットその1)入金回数を月に1回に設定

 

ヤフーショッピングでは売上の入金回数を月に1回~最大6回まで設定することができます。

 

今回のキャッシュレス・消費者還元事業に参加するためにはこの入金回数を月に1回に設定する必要があります

 

例えば10月1日から恩恵を受けたい場合は、9月中の変更が必要です。

 

もし仮に途中で入金回数を1回から2回に変更した場合、翌月は対象外になってしまいます。

 

キャッシュレス・消費者還元事業に参加することのデメリットその2)申し込みが必要

 

キャッシュレス・消費者還元事業に参加するためにはヤフーショッピングストアクリエイターPro上から申し込みが必要になります。

一応リンクも貼っておきますね。キャッシュレス・消費者還元事業への参加申し込みはこちら。

 

実際に申込してもらうとわかりますが、情報入力やら必要書類の提出などがあるのでちょっとめんどくさいです。

 

ヤフーショッピングのキャッシュレス・消費者還元事業への申し込み方法や申込期間は?

キャッシュレス・消費者還元事業への申し込み方法や申込期間は?

こちらはヤフーから提供されている情報の引用です。

申込期間:6月27日~7月26日まで。

申込方法:キャッシュレス・消費者還元事業への参加申し込みはこちら。

 

仮に申し込みをしても所定の審査があるため、対象にならない場合があるようです。

 

キャッシュレス・消費者還元事業に参加することのデメリットその3)参加者に差別化される

 

企画に参加しないことによって、参加者にに差別化されます

 

なぜなら参加するメリットを享受できないからです。

 

 

顧客にとって5%のポイント還元や、対象店舗の露出は非常に差別化できる要因です。

 

企画に参加しないことによって、顧客流入やCVRにどれだけ影響できるかは未知ですが、多くの出店者が参加するであろうことを考慮すると、差別化されてしまうと推測できます

 

ヤフーショッピングのキャッシュレス・消費者還元事業は参加するべき?

ヤフーショッピングのキャッシュレス・消費者還元事業は参加するべき?

ヤフーショッピングのキャッシュレス・消費者還元事業は参加するべきだと思います。

 

なぜなら参加しないことによって他社に利益率の面や顧客への優遇の面で差別化され売上が落ちる可能性が高いです。

 

A店:3000円 ポイントキャッシュバック5% アイコンあり

B店:3000円 ポイントキャッシュバックなし アイコンなし

 

単純にアイコンで目立つというのもありますし、検索結果への露出も低下します。

 

さらには実質5%引きで購入できる店舗を選びますよね。

 

多分多数の出店者が参加する企画になりうるので、キャッシュフローは悪くなりますが、それ以上に売り上げが落ちる可能性もあります。

 

利益の上乗せ分も考慮してみる

 

入金回数を月に1回にすることはデメリットになります。

なぜならキャッシュフローが悪くなるからです。

 

とはいえこの入金回数が減ってしまうのも、今回の企画をきっかけに僕はプラスに考えるようにしています。

なぜなら利益の上乗せも期待できるからです。

 

 

月に6回の入金だと手数料0.4%ですが、月に1回だと手数料無料です。

仮に僕の先月の実績の場合800万円の0.4%は3.2万円です。

 

 

つまり入金回数を1回にすることで利益が3.2万円増えることになります。

 

 

そして今回の企画でキャッシュレス決済が実質1%引きになりますので、仮に全体の7割がクレジットカード決済とすると800万円の7割で560万円の売上。

そのうち1%が軽減されるので、利益は5.6万円増えることになります。

 

企画に参加するだけで、約9万円ほどの利益が期待できるのであればまずまずかなと思っています。

もちろん僕の売上の半分であれば約5万円ほど。

1/4の売上なら2.5万円ほどの利益の上乗せが期待できます。

 

まとめ

 

今回は2019年10月1日から開始されるヤフーショッピングのキャッシュレス・消費者還元事業について解説しました。

 

この企画に参加するメリットは3つあります。

 

キャッシュレス決済に伴う手数料負担の軽減

参加店舗から購入した消費者にpaypay残高5%還元

参加店舗の露出拡大

 

デメリットは3つあります

入金回数を月に1回に設定

申し込みが必要

他出店者に差別化される

 

個人的にはメリットを享受できるという部分も大きいですが、むしろ参加しないことによって他社に差別化される点が非常に辛いと思います

 

もしキャッシュフローがきつくなるようであれば、途中から入金回数を変更することも可能です。

 

ただその際は翌月の恩恵は受けられなくなりますが・・・。

 

とはいえ個人的にはまず申込だけしておいて、状況見て入金回数を調整すればいいかなと思っています。

 

やるメリットよりもやらないデメリットの方が大きそうなので、この機会にぜひ検討してみましょう。

 

 

ヤフーショッピング出店・運営に関して疑問や悩みはありませんか?

 

ヤフーショッピングの出店や運営に興味のある方はこちらからご相談ください。

友だち追加

すでにヤフーショッピングに出店しているものの、中々稼げないという方は、こちらのマニュアルを参考にしてみてください。

僕がヤフーショッピングに出店して1年半の経験をそのままノウハウとして詰め込んでいます。

ヤフーショッピング売上アップマニュアル

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ヤフーショッピング売り上げアップアドバイザーナオ
3児のパパ 元理学療法士 現在国内物販にてヤフーショッピングを中心に物販プレイヤーとして活動。 プレイヤーの傍らヤフーショッピングの出店・運営・売り上げアップに関連した情報を発信中 ヤフーショッピングは資産構築の位置づけがあるのでコツコツとりくんでいきましょう
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヤフログ , 2019 All Rights Reserved.